セクハラで逮捕された高塚猛さんは、

実は名経営者なのです。また、復活していただきたいですね。


人材とお客はいくらでもつくれる -部下の10倍働くリーダーシップ |高塚 猛

人材とお客はいくらでもつくれる -部下の10倍働くリーダーシップ人材とお客はいくらでもつくれる -部下の10倍働くリーダーシップ
高塚 猛
講談社 刊
発売日 2004-04-21
価格:¥1,680(税込)




部下を育てる名人 2004-06-14
この本を読んで、高塚氏は、人を変えさせる力がある人なんだと納得しました。
部下を育てる名人です。高塚氏にとっては、部下とは、課長、部長クラスも含まれます。
平社員だけではありません。
部長クラスが、120%の力を働かせる。高塚氏がこの本の中で、魔法の言葉を紹介しています。その一つがロマン、ソロバン、ガマン。ロマンを語って、社員にまずは方向を示す。
でも、ロマンだけでは食っていけないから、ソロバンのような細かな作業が必要になる。
それでもうまくいかない時があり、ガマンが必要だ。他人から見ると、これが成功の秘訣なの?と首をかしげたくもなるが、
高塚氏は、経営者がロマンが語らなくなったことがいけないと指摘している。日産の社長でもあるカルロス・ゴーンは、日本人は目標達成能力は著しくすばらしいが、目標設定能力に欠けていると述べていた。高塚氏も、この言葉に言及し、もっと、目標を掲げよと読者に訴えかける。部長以下社員が自分の力を超えた働きをするためには、まず、大きな目標が必要のようである。その他にもいろいろおもしろいエピソードがあり、楽しく読めました。これは★★★★★です。


さらに詳しい情報はコチラから(クリック)≫


この記事は2006/4/30に作成しました。

【高塚猛の経歴】
29歳で再建不能といわれた盛岡グランドホテルの総支配人として就任、1年で黒字化。売上高を3億から20億円までに成長させる。

1999年、ダイエー中内功オーナーに見込まれ、大きな赤字を抱える福岡ドーム、シーホーク&リゾート、福岡ダイエーホークスの経営に携わる。

わずか1年半で、78億円の赤字を3億円に圧縮。42億円の赤字を33億円の営業黒字に転換。

2004年セクハラにて逮捕・起訴され、2005年有罪確定。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら