セクハラで逮捕された高塚猛さんは、

実は名経営者なのです。また、復活していただきたいですね。


会社再建3つの戦略―固定費の変動費化・リピートの仕組みづくり・個へのアプローチ |高塚 猛

会社再建3つの戦略―固定費の変動費化・リピートの仕組みづくり・個へのアプローチ
高塚 猛
かんき出版 (2000/12)
売り上げランキング: 13,485
おすすめ度の平均: 2.57
1 人間再建の戦略を打ちたてるべし!
1 企業再建の戦略とはセクハラと圧力ですか?
2 だじゃれおやじと紙一重


率先垂範の一番の利点は、リーダーが自らその現場を理解することによって、その仕事の実態がつかめることです。


●今日は管理職が「現場」を知ろうとすることの大切さについて考えたいと思います。


●まず、なぜ「現場」が大切かといえば、それは「現場」で行われていることこそが、会社の活動であるということです。管理職がいかにいいことを言っても、優秀であっても、「現場」の従業員一人一人の行動が企業の評価になります。


●ですから、リーダーは常に「現場」を知っていなくてはならず、「現場」の従業員に影響力を持っていなくてはなりません。そのためには、管理職も、現場で一緒に働いてみる、近くで見てあげるということをお薦めします。


●管理職が現場で率先垂範することによるメリットは二つです。


●ひとつは、「現場」で働く人がリーダーの「現場」を知ろうとしている姿を見ることで、この人なら!と思ってくれる可能性が高くなること


●そしてもうひとつは、管理職が現場を良く知ることで、見当違いの判断が減るということです。

会社再建3つの戦略―固定費の変動費化・リピートの仕組みづくり・個へのアプローチ」 高塚 猛
(私の評価:★★★☆☆)

【高塚猛の経歴】
29歳で再建不能といわれた盛岡グランドホテルの総支配人として就任、1年で黒字化。売上高を3億から20億円までに成長させる。

1999年、ダイエー中内功オーナーに見込まれ、大きな赤字を抱える福岡ドーム、シーホーク&リゾート、福岡ダイエーホークスの経営に携わる。

わずか1年半で、78億円の赤字を3億円に圧縮。42億円の赤字を33億円の営業黒字に転換。

2004年セクハラにて逮捕・起訴され、2005年有罪確定。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら